教育コラム

子育て研究所の専門家ライターが子育てのお役立ち情報をお届けします! 

  • 保育士 まゆ先生の子育てコラム♪
  • 子育て研究所代表 佐藤理香のコラム


【まゆ先生の子育てコラム】 子育て研究所教育ライター・保育士

 

みなさん、こんにちは!まゆです。子育てに役立つ情報をお届けします。よろしくお願いします!

コラムの感想もお待ちしています(info@affection-kids.jp)


VOL1  「三つ子の魂 百まで」

みなさん、はじめまして!

保育士のまゆ先生です。私も1児の子どもを育てるママです。

子育てって、毎日のことなのに決まったルールがあるわけでもなく、うまくいかないことも多くて難しいですよね。

 

子育てで昔からよくいわれる言葉があります。

「三つ子の魂百まで…」という言葉。

みなさん、聞いたことがありますか? 

聞いたことがある方も、その意味をご存知ですか?

 

広辞苑によると「幼い時の性質は老年まで変わらない」と記載されています。つまり、簡単にいうと「3歳までに得たことは、100歳になっても根強く残る」ということ。続きを読む… 

VOL2 「3歳までに特に大切にして欲しいこと」

 

前回は「三つ子の魂百まで」という言葉の意味を解説しました。

“子育てを甘くみてはいけない” と書きましたが、

「子育てを甘くみてないけど、時間もエネルギーもないのよ~」なんて思ったママはいませんか?

 

そう思われるのは当然です。

子育ては予想外なところで時間をとられます。

今やっていることを途中で止めて、そのままにしてしまうなんて日常茶飯事ですよね。それを分かってもらえないで悩んでいる方も、沢山いると思います。 

全てを完璧にするのなんて当然無理です!続きを読む…

 

VOL3 「言葉がけが子どもの性格を決める!?」

お子さんがまだ小さいからといって、あまり言葉を掛けずにいませんか?

生後間もない赤ちゃんは、どんな言葉を掛けても無反応…

「オムツ替えようね〜」などと話し掛けても、意味がないと思っている方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、そんな事はありません。

沢山言葉を掛けてあげる事で、話し始める時期や、物事の理解力に影響し、後々大きな変化が見られるようになります。続きを読む…

 

VOL4 「脅して(おどして)言い聞かせるのはアリ!?」

皆さんは、子どもが言う事を聞いてくれない時、どのように対応していますか?  

ケースによっても違いますし、様々な意見があると思います。

大きく分類すると2種類に分かれるのではないでしょうか。

 

1つは、子ども自身が納得できるようにうながす方法

聞いて欲しい理由を伝えたりする方法です。

 

もう1つは、子どもが聞かざるを得ないような理由をあげる方法。

「鬼が来るよ」「置いていくよ」など、言葉は悪いですが“脅す”方法…です。続きを読む…

 

VOL5 「子どもにプラスの叱り方

突然ですが、「怖い」という感情は、とても不安定なものです。

大人でも気持ちが不安定な時には、誰かに支えてもらったり、励ましてもらいたいもの。

子どもだったら、それ以上にサポートが必要です。

 

もし怖いと感じるような状況で、不安がる姿を見て笑われたり、助けるどころか引き離されたりすれば、子どもは誰にも救ってもらえないという絶望感を味わうでしょう。ひどいときには、人を信じることができなくなるかもしれません。

特に、1番身近で信頼している親御さんに対しては、裏切られた気持ちにもなりえます。

 

叱るときに怖がらせていませんか?。続きを読む…

 


子育て研究所代表 佐藤理香のコラム

 

パパママの情報サイトなどでコラムを連載中です!外部サイトにリンクします。


 

コラム一覧